院長の時間とお金の使い方

お金は稼ぎ方よりもつかい方

もっと売上を上げたいと考えられている院長先生は、どうやって売上を上げるのかではなく、何にお金をつかうのかを徹底的に考えた方がいいでしょう。そもそも売上というのは元手をつかって増やすことの繰り返しですから、売上の増減はつかい道で決まります。
では実際に「どこにお金をつかえばいいのか?」ですが、乱暴にいうと医院のためにつかうならどこにつかっても売上が上がります。本業にお金をつぎ込むのが一番確実です。「失敗したらどうするんだ!」という意見がありそうですが、破産しない程度につかえばいいだけです。歯科医院経営をしていて1000万円や2000万円程度の投資で破産するということは、よほど経営状態が苦しくない限りまずないでしょう。医院のためにある程度まとまったお金をつかう最大のメリットは、モノ、サービス、情報の価値相場が分かるようになり、目利きができるようになることです。

開業して10年位が経過し、近隣に手強い歯科医院が出来たとします。「これまではお金をつかわないようにしていたけれども、思い切って投資して差別化しなきゃ!」と思う。でも、それまで医院のためにあまりお金をつかってこなかった院長はホームページ、広告、内装、採用、教育、情報システム等、様々な投資分野の価値相場を知らないので、それらの企業に対する目利きができません。能力や誠意はないのに院長にお世辞をいう営業マンに騙されたりします。あるいは騙されたくないから相手先企業を信頼できず、必要以上に値引きを迫ったりして、相手のプライドを傷つけてしまいます。そうして投資の機会を逃し、やがて低迷していくようになります。

ちなみに経験上、相手を信用出来ない経営者がよく発する口癖は、「win-winの関係を結ぼう」です。本心は自分が損したくないという心理が先で、そのように言えないから「win-win」という言葉に置き換えているのです。
開業当初から出た利益を少しでも医院投資に回してお金をつかっている院長は失敗を沢山しますが、年を重ねる毎に目利き力が高まり、適正な箇所に適正な金額をつかうことが出来るうになっていきます。そして、その院長の医院はますます儲かるようになるのです。

著者プロフィール

株式会社エイ・アイ・シー(ホワイトエッセンス本部)
代表取締役 坂本 佳昭

日本最大の審美歯科チェーン「ホワイトエッセンス」の創業者。最新刊「院長依存から脱却できる医院組織のつくり方」を始めとし、執筆、取材、講演実績多数。

  • 歯科経営ノウハウセミナー
  • 書籍で学ぶ歯科経営
    • 院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー

      院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー
    • ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ

      ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ
    • white essence デンタルエステサロン

      white essence デンタルエステサロン
    • ホワイトエッセンス・フランチャイズについて

      ホワイトエッセンス・フランチャイズについて
    • 歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた

      歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた 定価 1000円 書籍の購入はこちら