WEブランドとFC

加盟歯科医院様のご紹介
ホワイトエッセンス富士店

院長視点

マネジメントという概念を誤解していたと思います。

加盟前

加盟前の私は、自分が一生懸命働けば医院はうまくいくと信じていました。また、スタッフは私が働いて養うものだとも考えていました。そういった考えのせいか、スタッフの話も親身に聞いていなかったように思います。さらに、患者様に対する私の想いや考え方を伝えている「つもり」でしたが、その真意を十分理解しているとは言い難い状況でした。こういった状況を変えていきたいと漠然と思っていた時に、ホワイトエッセンスから1枚のセミナーFAXが届き、そこにはスタッフの自律や組織化という文言が並び、直感的に自分が望む形と一致していると感じてセミナーに申し込みました。

加盟後

加盟直後は、とにかくマネジメントのことを誤解していたと痛感しました。ミーティングひとつとっても、ただ、自分の考えを一方的に話していただけで、スタッフの目標や悩みに対して自分がどうサポートできるのかということは考えていなかったことがわかりました。そこから、自分の一方的な発信をあらため、お客様に対しての考え方やスタッフの今後の目標などを、スタッフの考えを把握してからすり合わせていくということを強く意識 していきました。結果、今ではスタッフ全員がほぼ同じ方向を向いて仕事に取り組んでくれるようになりました。

衛生士視点

自分がステップアップしていく喜びを感じる。

加盟前

ある日突然、院長がこれまでやっていなかったミーティングをやろうと言い出しました。そこで「ホワイトエッセンスに加盟する」と唐突に発表されました。スタッフ全員がホワイトエッセンスって何?という状態で反対しましたが、絶対に諦めない院長なので、いくら説得しても聞き入れてもらえませんでした。その内、オープン研修の日程が出てきましたが、その時点でも考えていたことは「こんなに連続で研修するの?泊まりで行くの?そんな長い期間休めるの?」そんなことばかり考えていました。

加盟後

実際にオープン研修を受けたところ衝撃的でした。衛生士が主役になる、というのは事前に聞いていましたが、本当にそれが可能でした。研修を受けていく内にどんどん興味が湧いてきて、ホワイトニングはどうやるんだろう?痛くないクリーニングってなに?といったことをもっと知りたいと思うようになりました。医院に戻っても練習を積み重ねていきますが、そこでさらに知識や技術が高まり、自分がステップアップしていく喜びが感じられました。

目指している場所

私がいなくても、自律した衛生士たちが活躍できる場を。

私はある病気を患ったことをきっかけに将来を真剣に考え、「カンボジアの口唇口蓋裂の子供を治療して笑顔にする」という夢を掲げましたが、それを実現した際にはこの医院を離れることになります。その前に私にできることは、私がいなくても経営が成り立ち、スタッフが自律できるための仕事場、生活するための礎を提供したいと思っています。その実現のためには、スタッフ自身が考え行動できることが、とても大切だと思っています。

ページトップへ