歯科医院経営の本質

これからの歯科医院経営は一般企業と比較しなければならない

■院長の加齢と収益の関係

歯科診療報酬改定アンケート結果(全国保険医団体連合会調査)である下記の表によると、院長先生の加齢に伴って医院の売上減収の割合が増えることが分かります。この表は縦軸が年齢、横軸が回答の結果を表しています。黄色が減収を示していますが、年齢が上がれば上がるほど黄色の割合が増えていっていることが見てとれます。

 

■一般企業の経営者と歯科医院の違い

下記表のグラフでは、縦軸が収益、横軸が年齢を表しており赤い線が一般の会社経営者、青い線が歯科開業医それぞれの年齢ごとの会社と医院の収益の成長曲線を示しています。

一般的には会社経営者は、20~30代で起業して、自分の給料を低く設定して、会社の利益を蓄えるか、新しい設備や事業にどんどん投資をしていくので、会社は成長しつづけ30~40代になると収益が上がり、50~60代になると組織が安定します。しかし、反対に歯科開業医のケースでは、30代で開業すると2~3年後には一般会社員の3倍4倍以上の給料をもらってしまうために、一般企業と比較して将来に向けての投資ができずに組織化がうまくいっていないケースが多く見られます。一般企業では組織化が進めば、部下たちが戦力となるため、増収が見込めますが、多くの歯科医院ではスタッフさんを戦力化できず、院長先生のマンパワーに依存してしまいます。そのため、40代後半から50代になると加齢とともに収益が下がり始めてしまうのです。

この状況を、都内に複数の分院を構えるある大手医療法人の理事長先生がこのように例えていました。「歯科開業医の成長曲線を例えるなら、まるでプロのスポーツ選手の引退までの軌跡と同じだ」と。

多くの院長先生が同じようなお悩みを抱えています。歯科業界の成長性はマイナス2%成長ですから、これからは、同業者の歯科医院とではなく、一般企業の経営と比較していくことが必要であり、組織力を高めるマネジメントを行う時間の確保が重要となります。

「これからの歯科医院経営は一般企業と比較しなければならない」に関連する記事

    • 院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー

      院長依存から脱却できる医院組織のつくり方セミナー
    • ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ

      ホワイトエッセンスのマネジメントメソッドを知りたい方はコチラ
    • white essence デンタルエステサロン

      white essence デンタルエステサロン
    • ホワイトエッセンス・フランチャイズについて

      ホワイトエッセンス・フランチャイズについて
    • 歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた

      歯科衛生士が主役のデンタルエステという、はたらきかた 定価 1000円 書籍の購入はこちら