歯科医院経営の本質

歯科医院を強い組織にするための3つのポイント

ここでは歯科医院を強い組織にしていくために必要となる3つの要素について見ていきたいと思います。

これは強いスポーツチームの3つの特徴と同じ考え方です。

その3つとは下記のとおりです。

 

①ビジョンを明確にし、目標に落とし込んで、計画を立てる

②朝礼・ミーティング・個人面談でスタッフと定期的なコミュニケーションを取る

③スタッフの知識能力を向上するために定期的に練習に付き合う

 

①ビジョンを明確にし、目標に落とし込んで、計画を立てる

 

①から順に見ていこうと思います。

 

まず「ビジョンとは何か」について考えてみましょう。ビジョンとは、目標や目的とは似て非なるものです。

例えば、近年話題となっている日本女子カーリングチームを見てみましょう。

日本女子カーリングチームのビジョンはオリンピックメダルではありません。彼女たちのビジョンはカーリングというスポーツの知名度を上げて競技人口を増やしカーリングの楽しさを知ってもらうことです。
あくまでオリンピックのメダルはビジョンを達成するためのツールであって、目標です。

歯科医院でも同じように、診療報酬等の目標の上にビジョンがあることで全員が同じ方向を向いて仕事をしていくことができます。

②朝礼・ミーティング・個人面談でスタッフと定期的なコミュニケーションを取る

 

スタッフとの定期的なコミュニケーションですが、これもスポーツチームで例えると分かりやすいはずです。

サッカー日本代表にしろ、プロ野球にしろ、監督はその日その日の選手の体調やメンタル、調子を把握した上で戦術にマッチする選手を起用しています。
監督と選手間のコミュニケーションが取れていない状態でいい結果を残したチームを私は聞いたことがありません。

歯科医院においても同じで、朝礼やミーティング、個人面談等を行い、スタッフと定期的にコミュニケーションを取ることで、そのスタッフの考え方や得意なこと、苦手なことなどパーソナリティを知り、状態を把握でき、的確な指示を出し、業務が円滑に回っていきます。

③スタッフの知識能力を向上するために定期的に練習に付き合う

 

練習を全然しないスポーツチームはあるでしょうか?
あったとしても強く結果を残しているチームではないでしょう。

歯科医院でも、お金を頂いている以上はプロとしてクライアントに不快感を与えず満足してもらえるような治療や施術を行うべきでしょう。

そうすることで次回も利用しようと思ってもらいリピート化していくはずです。

 

このように歯科医院は医療機関でありますが、組織として結果を出す、強い組織にしていくためには一般的な業界や組織で行われているノウハウが十分通用し、それをまず最低限実施していくことが周りの医院との差別化になっていくのではないでしょうか。

「歯科医院を強い組織にするための3つのポイント」に関連する記事