歯科医院経営の本質

歯科医院でのスタッフ採用における面接ポイント

1.そもそも何のために面接をするのか?

書類だけではわからない「人となり」を知り、「自院組織に合う人材かどうか」を見極めるために面接は行われます。

面接で、面接官が見るポイントは2つです。

1つめは、課題解決能力です。事業にはさまざまな課題があります。その課題を解決するための「思考力」と「行動力」があるかどうかを、面接で見ます。

2つめに挙げられるのが、コミュニケーション能力。仕事においては、気の合わない人と接することも数多くあります。さまざまな価値観を持つ人を説得したり、共感してもらったりするのに必要なコミュニケーション能力を重視します。

 

2.面接実施のポイント

1)【理想】質問者(院長先生)と評価シート記入者(貴院スタッフ)に分け、2人で面接にあたります。

2)面接評価シート質問に沿って面接を行っていきます。(以下参照)

1. 内向的で笑顔が少ない、人の目を見て話せない、エネルギーが少ない
2. 美に関心のある女性顧客が共感しない身だしなみ(清潔感、おしゃれに無関心)
3. これまで患者数の少ない楽な医院しか経験なし 医局経験だけも同様
4. 3回以上転職している、また25歳以下で最長勤務年数が3年未満
5. 母親の仕事観が、「専業主婦はいいよ」、「無理しないでね」
6. 彼氏や旦那が「低所得」「仕事嫌い」「苦労知らず」
7. 面接の予習をしてきていない(⇒予習の材料を与えていない)
8. 仕事より恋愛が大事(そういうファッション、メイク)
9. 面接者やその組織にリスペクト感が感じられない
10. セラピスト1人前のハードルの高さを簡単に考えている
11. 質問がない、質問が労働条件ばかり
12. 自己評価が高すぎる
13. 通勤時間が1.5時間以上で、独り暮らしの予定なし

3)最初に相手をリラックスさせるよう日常の出来事など(天気、会場までの地理、他)、親しみ易い話題をします。

4)相手の返答だけでなく、言葉使いや、視線、手の動き、などにも気をつけましょう。(正しい言葉づかいができているか、目を合わせて会話ができるか、など)

5)応募者は採用されるまでは従業員ではなく、お客様であることを忘れない。応募者には必ずお礼を言いましょう。

6)最後に相手から質問を受けます。(相手の積極性がわかります)

7)採用の場合は1週間以内に連絡する旨伝えます。1週間たって連絡がない場合は不採用ということも伝えます。

 

3.面接後のフォロー

1)是非採用したい人材には直ぐに連絡を入れ、入社に関わる事務手続きの日程アポイントをとります。(事務手続きは30分程度)

2)採用を迷うときは、自分やスタッフとの相性を考えてみましょう。

3)不採用の場合は、なるべく面接したその場で断るよう心がけましょう。

「歯科医院でのスタッフ採用における面接ポイント」に関連する記事