歯科医院経営の本質

マネジメントは本当に必要なのか

私見ではありますが、上司が人格者である場合は、マネジメントなど必要ないかもしれません。

部下の方から上司の期待に沿うために、上司の方針や価値観を汲み取り、一生懸命になるからです。

ときどき、人間として、社会人として素晴らしい院長先生が存在します。

そういった組織ではマネジメントがあまりなされていなくても、スタッフは高いモチベーションで主体的に仕事をしています。

しかし、凡人であれば、そういった人格や人徳を身に着けるのは、マネジメント技術を身に着けるよりも数万倍の努力を要すると思います。

別の言い方をすると、自分の人格的欠点や限界を客観的に理解した時から、マネジメントの本当の必要性が分かるのかもしれません。

また仮に院長先生がそういった人格を身に着けていたとしても、それは自分1代限りしか続きません。

そして、そのような人格は自分の部下にも後継者にも継承することはできないので、その院長先生個人の求心力に依存していることになります。

そうすると、組織が大きくなればなるほど院長先生は忙しくなるでしょうから、いずれにせよ、歯科医院組織には院長先生によるマネジメントが不可欠であるといえるでしょう。

「マネジメントは本当に必要なのか」に関連する記事