歯科医院経営の本質

歯科医院組織のマネジメントとは

■マネジメントの目的

マネジメントは、組織の成果を上げさせるために存在するものであり、全体の行動を統一させるため、責任者が組織に属する人々を動かすことです。

具体的には、組織目標に対して従業員を動機づけ、必達するためにマネジメントサイクルを回していきます。

医院組織においてマネジメントをしていなければ、従業員に成果を出させることはできず、院長が頑張った分しか成果が上がりません。

ーマネジメント不在の歯科医院組織ー

□ 院長先生自体に計画性がなく、売上利益・目標計画が存在しない組織運営。
□ 院長先生の労働時間のほとんどが診療行為に費やされ、従業員とのコミュニケーションやマーケ ティング対策に十分に時間を取っていない状態。
□ 計画しっぱなし、指示しっぱなしで、院長チェックが殆ど無いため、直ぐに頓挫するプロジェクト

マネジメントで管理すべきは、従業員ではなく、 マネジメントする院長先生ご本人のマインドと行動です。 マネジメントは院長先生がやりたいことをやるのでは なく、歯科医院組織のためにやるべきことをします!
マネジメントをハミガキのように習慣化するには、 院長先生の克己心が大切です。

「歯科医院組織のマネジメントとは」に関連する記事