歯科医院経営の本質

スタッフの定着が悪い医院は良くない組織?

従業員の定着が悪い組織、従業員の平均勤続年数が短い組織というのは、悪い組織だと思いますか?経営者失格だと思いますか?

業績が大きく伸びている組織では、どうしても組織の成長速度についてこられない社員が発生しますから、決して定着率が低い=ダメな組織と一概には言えません。
顧客の満足視点で考えると、組織の方針や組織風土に合わせようとしない人間は、早々に辞めていただいたほうがお互いのためです。

経営者にとって重要なのは、優秀な従業員の定着率を高めることであって、一般的従業員の定着率を高めることではありません。

開業当初の従業員がずっと組織に定着している状態が理想と考える院長先生もいらっしゃるでしょう。
しかし開業当初から優秀な人材を集めるのは困難です。

優秀な人材は比較的安定した大きな組織を好みます。まだ実績を上げていない開業当初の組織が優秀な人材を確保するのは宝くじに当たるようなものです。
また、経営者以上の能力をもった従業員は決して入ってきません。開業当初は経営者として新米ですから、優秀な従業員を確保することは難しいのです。
ですから、経営者は自分の取り分を減らしてでも優秀な人材に対して厚遇すべきです。歯科医院によっては、院長先生と従業員の年収のバランスを見直すべき場合もあるでしょう。
それが組織の成長という形で経営者自身に返ってきますから、多少の出費を惜しんではいけません。

反対に経営者は組織を、働かない従業員に対して居心地のいい場所にしてはいけません。
外部から見れば誰がどう見ても解雇すべき従業員に対して、経営者自身も解雇すべきことに内心では同意をしていながら、解雇の意思決定ができない経営者もいらっしゃいます。解雇の意思決定は経営者にとって苦しいことでしょう。しかし放っておけばクライアントの満足度を下げますし、他の従業員の士気にも影響します。

「スタッフの定着が悪い医院は良くない組織?」に関連する記事