歯科医院経営の本質

スタッフ教育②スタッフと初任給の金額理由を共有する

新入社員(途中入社の人も含めて)の人は入社後しばらくの間は成果が出ず、研修期間もあるため、 本来であれば評価も非常に低く、それに対する基本給の額も極端に少なくなります。しかし、この考え方で給与額を設定すると初任給は限りなくゼロに近い額になってしまします。
また、入社4年で1人前の仕事が出来るようになると仮定すると1年後の給与額は4年後の1/4にしか満たないことになります。

現実的には、入社数年の間はたいへん少額の給与しか手にすることは出来ないため、生活が成り立たない問題点が発生します。
会社を創業した場合もこれと同じ事が起きます。少なくとも3年間は必死の思いで仕事をしても会社の業績はなかなか思うようにはなりません。その場合、資本金(事前に用意した創業資金)や銀行などからの借入金を使って会社が独り立ちできるようになるまで持ちこたえます。完全実力評価制度で考えた場合、会社に入社する人は事前に蓄えたお金を用意し、それを使って耐えなければならないことになってしまいますが、現実的には困難です。 また、世間一般常識では受け入れてもらえない考え方になります。それを解決するために期待給と言う形で、ある金額を初任給として会社は支給します。

一般企業にせよ歯科医院にせよ、従業員(スタッフ)は入社後、スキルの蓄積と実務経験の増加により成果はどんどん上がります。それに比べ給与はもともと期待給としての上乗せが大きいため、大きな変化はありません。実力を上回る分の給与は、会社(歯科医院)やそこで働く先輩からの投資だと考えてください。新しく入社した人に対して会社(歯科医院)や先輩は自分たちで分配すべき報酬の一部を投資します。本来成果が上がらない人には給与はでないのです。

以上の解説は独力で成果を上げていく場合の例です。しかし実際は、先輩からのOJTによってスキルを向上させ、 仕事に対する考え方を学びますので、さらに見えない投資を受けていることになります。
ここまで説明すると以前にまして自分の実力で収入を得るまでに長い期間と多大な努力が必要であることが理解できたと思います。

そのため会社(歯科医院)は実力のない社員に期待給としてある額をある一定期間支給し続けます。その金額が初任給であり自分で収入を得るまでの支援金になります。

会社に入れば給与はもらえるのが当たり前だという考え方は間違っています。給与に対して正しい考え方ができれば、自ずと仕事に対する考え方も変わってくるでしょう。

「スタッフ教育②スタッフと初任給の金額理由を共有する」に関連する記事