歯科医院経営の本質

院長先生が元気で明るいと、経営が順調になる

経営がうまくいっている歯科医院の院長先生は、皆、元気で勢いがあるように感じます。

どうしてでしょう。

経営が上手くいっている歯科医院の院長先生と話すと分かりますが、皆、元気で声が大きく、声に張りがあり、たいへん明るい雰囲気を持っています。これは経営が順調だからその人の自信にもなっているわけです。

あらゆる経営者は常に不安と闘っています。金策の不安、訴訟リスク、従業員の問題、倒産など、それらを克服した人が自分のとった行動に自信を持ち、結果に満足して、それが経営者の明るさなり雰囲気につながります。

スタッフ、クライアント、取引先は、院長先生の苦しい心情など分かりません。

だからこそ、院長先生の外見なり行動なり雰囲気なりを重視します。

その結果、堂々と振舞っていたり、自信をもった話し方をしたりする院長先生に対しては、スタッフは「この人についていけば自分の生活は大丈夫」と安心しますし、クライアントは「頼りになりそうな院長先生だな」と感じ、取引先も「順調なんだな」という判断をします。

そういうイメージを持ってもらえれば、スタッフの精神状態は安定しやすく良い仕事をしてもらいやすくなりますし、クライアントがリピーターになってくれやすく、取引先の人も良いクチコミをするようになります。

こうなると院長先生が元気だから元気な組織になるのか、組織が元気だから院長先生が元気になるのか、ということになりますが、自信の無い院長先生、元気のない院長先生についていこうというスタッフ、クライアント、取り引き先はいるのか?ということになります。だから院長先生は経営者として、どんなときも例え虚勢であっても、明るく自信を持って元気に振舞わなければなりません。

決して弱音を吐いたり、卑屈な態度を取ったり、他者のせいにしたりしてはいけません。

そういう経営者には良い話が舞い込むはずがありません。

厳しい表現になりますが、院長先生の雰囲気や行動そのものが、経営状況であると外部から判断されるということを肝に銘じる必要があります。

「院長先生が元気で明るいと、経営が順調になる」に関連する記事