歯科医院経営の本質

スタッフ教育の第一歩は、ミーティングから!

ミーティングや朝礼をしない院長先生がとても多いようです。
その理由をご本人に聞くと、「そういうのは苦手だから」「診療をしていた方が、売上が上がるから」「時間がないから」等の意見が多く聞かれます。
そもそも独立しようという気持ちを少しでも持っている人間は、他人に束縛されるのを大変嫌いますから、ご自身勤務されていたときもミーティングや朝礼があまり好きでなかったでしょう。
しかし、自分が独立開業して経営者という立場になると、組織つくりをしなければなりません。
組織が苦手で、ずっとその組織で勤務するよりは独立したほうが良いと考えた人間が組織をつくらなければならないのです。

では組織つくりにおいてもっとも大切なことは何かというと、「形をつくる」ことです。
冒頭で申し上げたミーティングや朝礼がなぜ大事なのかというと、院長先生は診療行為により目が届かない時間がありますから、目が届くミーティングや朝礼を行うことで評価基準の設計や評価をする必要があるからです。
院長として苦手なはずの、形式ばった行動を、自分から率先して築かなければなりません。
自分が嫌った上下関係を経営者として自ら築かなければならないとは皮肉な話です。
しかしこれをできない経営者は、スタッフが指示待ち族のままでいるにもかかわらず、自分が働いた分しか売上が上がらない肉体労働から抜け出すことができず、自分の老化と共に組織の衰退がはじまります。
ホワイトエッセンスは院長先生の個人プレーではなく、従業員の活躍如何で売上が決定しますからなおさら、ミーティングや朝礼でスタッフの考えを知ることが大切です。ミーティングや朝礼をしっかり行えなければ、組織と個々の従業員の良い点・悪い点を正確に把握することができず、最適な対策を取ることもできません。
経営者は自分で組織をつくろうという気になって初めて、自分がかつて勤務していた経営者の気持ちを理解できるでしょう。
したがって医院を組織化させるためには、スタッフ個々の考えを把握することが第一歩であり、そのためにミーティングや朝礼が必要不可欠な要素となるのです。

「スタッフ教育の第一歩は、ミーティングから!」に関連する記事